保護者の声

苫野一徳さん

“子育ては、ママだけ、パパだけ、あるいは夫婦だけでやるものではないと強く感じました。支えてくれる人たちがいる。不安なことや困っていることがあれば、相談できる人たちがいる。おうち保育園はそう思わせてくれるところでした。”

苫野一徳さん
お子さんがおうち保育園東池袋に1年間通園

おうち保育園に入った経緯を教えてください。

娘が2歳の時に妻が仕事に復帰したのですが、2歳からでは区立の保育園に入るのがなかなか難しく、待機児童になってしまいました。そこで保育ママを希望したところ、運良くおうち保育園に入園することができました。

おうち保育園にお子さんを通わせてから、「おうち保育園で良かった」と感じたエピソードはございますか?

何よりも、深い愛情をもって子どもたちとかかわられている、保育士のみなさんが本当にすばらしかったです。

エピソードはたくさんありますが、日々の話では、送り迎えのあわただしい時間帯、親としてはどうしても余裕がなくなってしまうこともあります。そんな中、先生方も少しはピリピリしてもおかしくないんじゃないかと思うのですが、まったくそんなことがないんです。子どもにも親にも、いつも笑顔で対応してくださいました。

忙しい時に子どもたちがとりとめもない話をしてくると、親は思わず聞き流したりしてしまうものですが、おうち保育園の先生方は、送り迎えの時でも子どもたちの話をちゃんと最後までじっくり聞いてくださるんです。
そうした日々の姿を見て、なんて信頼できる先生方なんだろうと思っていました。

娘が家でよくやっていた、「保育園の先生ごっこ」は忘れられません。パパとママも何度も娘に寝かしつけてもらいましたが(笑)、そのとんとんという手つきが、とてもやさしいんです。ああ、保育園の先生方は、こんなにもやさしく子どもたちをお昼寝させてくださってるんだなぁと、感動しました。

先生手づくりのおもちゃ(トイレットペーパーの芯で作った缶ぽっくり)を、娘がとても気に入っていたのも微笑ましく思い出されます。園のおもちゃはだいたい寄付だとうかがっていますが、だからこそかえって、手づくりのおもちゃが温かく感じられました。

おうち保育園にお世話になったのは、わずか1年の間だけでした。区立の保育園に入れることが決まって、そのご報告は妻がしたのですが、その時の先生のお顔が忘れられないと言っています。涙をぐっとこらえながら、あとわずかしか一緒にいられないのを、とても淋しがっていらっしゃるようだったと。

それは私も、卒園式の時に強く感じました。笑いあり涙ありの卒園式。改めて、こんなにも深い愛情を注いでくださっていたんだと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。あの時子どもたちが披露してくれた、『おおきなかぶ』の「うんとこしょ、どっこいしょ」、忘れられません。

娘にとってのはじめての「先生」が、おうち保育園の先生方で本当によかったと、夫婦ともに心から思っています。

苫野さんが感じるおうち保育園の良さは、どんな点でしょうか?

やはり、小規模ならではの家庭的な温かさだと思います。しっかり目が行き届き、きめこまかく面倒を見てくださるのですが、同時にのびのび育ててくださっているところがとても好きでした。

連絡帳には、園での生活が目に浮かぶような記録を毎日ぎっしり書いてくださっていました。写真も定期的にお送りいただいてました。「いっしょに子育てしてる」という感じを、私は勝手に感じていました。実家からも遠く離れた共働き核家族にとっては、本当に頼もしい限りでした。

保育園に入れず、悩んでる親御さん、また、これからおうち保育園に入ることを検討している親御さんに、ひとことエールをお願いします。

子育ては、ママだけ、パパだけ、あるいは夫婦だけでやるものではないと強く感じました。支えてくれる人たちがいる。不安なことや困っていることがあれば、相談できる人たちがいる。おうち保育園はそう思わせてくれるところでした。みなさんにとっても、そんな場所であればと願っています。