3月の保育塾「子どもの”対立”はOK!?オランダの教育を学んで保育に活かそう」を開催しました!

保育塾 2017年 04月 24日

3_header

 

フローレンスは保育クレド(約束)で、「私たちは、常に最高の保育に向かって学び続けるプロです」と掲げています。「保育塾」は、保育スタッフの学ぶ意欲に応えるべく、月に1度全ての保育スタッフを対象に行っている研修です。今回は3月に開催した保育塾の様子をお届けします!

4月に新しく開園した「みんなのみらいをつくる保育園」。この園では、みんなのみらいをつくる「シチズンシップ」を育む保育を行っています。

「子どもミーティング」等、特色ある保育を行うにあたって、開園チームでオランダの教育の視察に行きました。今回の保育塾では、そのオランダの教育を、保育スーパーバイザーの森永と一緒に学んでいきます。

IMG_5711

 

「社会に参加するってどんなことだろう?」そんな問いからシチズンシップ保育、オランダの保育を学ぶ時間がはじまりました。

IMG_5606

 

意見を共有する時は、地球を模したボールを回します。

IMG_5585

 

例えばケンカの時。今までの保育は、状況を聞き、「〜〜ちゃん優しいから、貸してあげられるよね。」と言い、いいよって言ってくれたら貸してあげる。または、気を逸らせたり、他の遊びに誘導する。そんな保育でした。

オランダでは、こんな風に考えます。「対立は悪いことではない。どうやって解決していくかが重要。」みんなのみらいをつくる保育園でも大切にする考え方がシェアされました。

IMG_5697

 

対立は悪くない。そんな考え方の先には、平和な社会を見据えていることを学びました。最後には、参加者の皆さんは、自分達の保育を通じて、どんな社会をつくっていきたいかを書いてもらいました。

IMG_5718

 

参加者からは、「今回のオランダの教育(ピースフルスクールプログラム)の内容をもっと掘り下げて、保育者の資質に関することや子どもへの関わりかたを具体的に学びたい」という意見もあり、より深く学んでいきたいと思ってもらえたようでした。

今回の保育塾では、4月になって気持ちも新たに保育に向き合えるように、オランダの保育・教育をお伝えしました。

これからもフローレンスは、保育スタッフの「学びたい!」という熱い気持ちに応えるために、毎月保育塾を行います。来月もお楽しみに。

**************************
LINEでは保育塾の情報をはじめとして、おうち保育園のニュースをお届けしています!

【登録方法】
登録方法は簡単。こちらのバナーをクリックすれば登録画面に進むことができるので、そちらで友だち登録を完了してください。

addfriends_ja

また、おうち保育園のお仕事にご興味のある方はぜひこちらをご覧ください。

>>>おうち保育園で募集中の職種はこちらから
>>>2018年4月入社の新卒保育スタッフ募集はこちらから
パートタイムお仕事相談会お申し込みはこちらのフォームからご入力ください。スタッフ一同、皆様のご参加を心よりお待ちしております。