おうち保育園の3つの特徴

おうち保育園は「小規模保育」という特長を生かし、従来の保育園とは違った、きめ細やかで家庭的な保育を行っています。また、機動力を活かし、待機児童問題が深刻な地域に積極的に開園しています。


少人数だからこそできる「手厚い保育」

おうち保育園では、子ども12人に対し保育スタッフ4人を配置し、大規模な集団保育では難しい、ひとりひとりの発達状況や個性に合わせたきめ細やかな保育を行なっています。 おうち保育園の保育スタッフは、研修を積んだ小規模保育のプロフェッショナルです。少人数制のため、子どもだけではなく、スタッフと保護者の間でも密接な関係を築きやすいのが特徴です。


「第2のおうち」を目指した家庭的な保育
「第2のおうち」を目指した家庭的な保育

わたしたちが目指しているのは「第2のおうち」です。 おうち保育園には大きなお部屋も園庭もありませんが、マンションや一軒家など、ご家庭に近い環境で保育を行なっているため、子どもたちがまるで「自分のおうちにいるような」感覚で過ごせるような環境づくり、保育を行なっています。 少人数保育の中で、子どもたち自身が「大切にされていること」を実感し、安心して過ごすことができる環境を整え、健やかな成長を支えます。


空き物件を活用して開園
空き物件を活用して開園

おうち保育園は待機児童問題を解決するためにつくられました。待機児童問題が顕著な都心部において、従来の保育園を増やす方法は用地取得等の問題から現実的ではありません。

そこで、おうち保育園は都心部にも多く存在するマンションの空き部屋や空き一軒家、医院や事務所用途の物件など、様々な“空き物件”を有効活用し、保育園につくりかえてきました。

そのため、待機児童問題の深刻な地域にピンポイントで開園することができ、また、人口動態が変化し待機児童問題が解消された場合などはすぐに撤退し、その物件を本来の用途で使用することが可能です。