おうち保育園は、子どもが自分の「おうち」にいるような環境で安心してすごせるように、という想いを込めて2010年に江東区しののめでオープンしました。都内の待機児童が多いエリアと仙台市に10数カ所展開しています。


おうち保育園 ビジョン
おうち保育園が目指すこと

ビジョン -目指すべき社会像-
子育てと仕事の両立が当たり前の社会。
そしてあらゆる子ども達が素晴らしい保育を受けられる社会。

ミッション -果たすべき使命-
・日本の待機児童問題を解決する
・最高の小規模保育を実現し、それを全国に広げる。

組織ビジョン -目指すべき組織像-
1.日本で最も保育者が幸せに働ける組織
2.日本で最も素晴らしい保育を実現する組織
3.日本の小規模保育の発展を牽引する組織


保育理念

1.少人数のあったか保育
2.感動溢れる保育
3.「第二の家庭」を実現する保育


保育目標

保育目標 -目指すべき子どもの姿-
意欲のある子ども
思いやりのある子ども
よく食べ よく眠り よく笑う子ども


保育(行動)指針

私たちは、
子どもたちの自己肯定感を育むことに全力を尽くします

・子どものいいところを見つけ伸ばします。

私たちは、
保護者を顧客でなくクルーと考えます

・子どもの最善のために、喜んで対話します
・ともに悩み、ともに喜びます

私たちは、
子どもを育む最高のチームです

・ヒヤリハットを大切にし、
最悪を予測して最高の仕組みを創り上げます
・思いやりの気持ちを持ちながら、
率直に意見を伝え合います
・お互いのいいところを褒め、互いの成長を促します

私たちは、
常に最高の保育に向かって学び続けるプロです

・ひとりひとりの成長に沿った保育ができるよう学びます
・すべての子どもたちに、最高の保育ができるよう学びます


おうち保育園の小規模保育の取り組みは、多くのメディアで紹介いただき注目されたことで、待機児童問題解決の新たな手法として、政策に採用されました。この取り組みのさらなる拡大・発展を目指し、引き続きおうち保育園、および認定NPO法人 フローレンスはメディアの皆さまからの取材を歓迎しています。

メディア掲載情報を見る
運営団体について
フローレンス

おうち保育園は「子育てと仕事の両立が当たり前の日本社会」の実現を目的として活動している認定NPO法人 フローレンスによって運営されております。

運営団体についてを見る